Just another WordPress site

【ワンダリーノ】ブラックジャック

Pocket

遊び方

ブラックジャックはバーストすることなく、ディーラーとプレイヤーで数の大きさを競います。21を超えるとバーストしてしまい、その時点で負けになってしまいます。Aは1と11の好きな方の数の価値を持ち、絵札は10の価値を持ちます。プレイヤーに2枚カードが配られ、ディーラーのアップカード1枚を参考にヒットするか、スタンドするか等を判断します。

ブラックジャックのテーブルから好きなディーラーを選択します。現在、ブラックジャックのテーブルは31台あります。ミニマムベットは$0.5、マックスベットは$10,000です。ブラックジャックパーティーのテーブルを選択しました。左上のフィルターでテーブルを絞り込むことも可能です。クリックするとプレイルームに移行します。

ミニマムベットが$0.5、マックスベットは$100のプレイルームに移行しました。$0.5から$500まで6種類のチップがあります。賭け金を選択します。ベットを間違えた場合は$0.5のチップの隣のアンドゥーアイコンをクリックして、キャンセルします。ベットする時間は非常に短いので注意する必要があります。

満席のため、他のプレーヤーの後ろにチップを置きます。後ろに賭けた場合、スタンドするかヒットするか等の決定権がありません。

カウントがゼロになると、カードが配られます。2枚ずつカードが配られ、ヒットかスタンドかダブルダウン、スプリットのどれかを選択します。

非常に簡単な戦略は以下のようになります。

➀ハードハンド(Aを含まない手)

ディーラーのアップカードが7以上のとき、17以上になるまでヒットする。
ディーラーのアップカードが6以下のとき、12以上はスタンドする。

➁ソフトハンド(Aを含む手)

(Aと6)17以下はヒット、(Aと7)18以上はスタンドする。
(ただし、ダブルダウンできるときはそちらを優先する)

➂以下のときは、ダブルダウンする。

・自分が9のとき、ディーラーが3~6
・自分が10のとき、ディーラーが2~9
・自分が11のとき、ディーラーが2~10
・自分がソフト(Aと2)13から(Aと7)18のとき、ディーラーが4~6
8と8、AとAはスプリットする。

➄サレンダーとインシュランスは使わない。

手札は10と3です。Aを含まないのでハードハンドです。簡単な戦略に従い、ディーラーのアップカードが6なので、12以上はスタンドします。すでに13なので、スタンドを選択するのが正解です。

時間があまり長くないので時間切れになる前に選択します。緑のプラスがヒットで、赤のマイナスがスタンドです。しかし、他のプレーヤーの後ろに賭けているため選択権がありません。選択権があるプレーヤ-はスタンドを選択しました。

 

ディーラーが19になりましたのでディーラーの勝利です。$1負けました。

 

プレイ動画

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。